シアトルより日々の気になることを綴る写真日記

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ミートボールカレー
c0004217_16581772.jpg
最近挽肉料理が多いです。特にハンバーグが大好きです。ウースター・ソースとトマトケチャップを混ぜた洋風ソースと、大根おろしとしその葉を載せて醤油をかけた和風ソースがお気に入りです。ハンバーグ以外だとミートボール・パスタとミートローフを作ります。

でももっとアレンジしてみたくなったので、この前ミートボール・カレーを作ってみました。これはビーフ・シチューの牛肉をミートボールに変えただけでした。牛肉のほうよりこっちのほうがおいしいかもしれないと思いました。結構いけてたのではまるかも。
c0004217_16582999.jpg

[PR]
by lamerd | 2006-12-31 17:05 | 料理
メリー・クリスマス!
c0004217_1792927.jpg
メリー・クリスマス!


続きを見る
[PR]
by lamerd | 2006-12-25 17:12 | 日々&つぶやき
自然災害は怖い!
先週14日、15日にワシントン州西部を中心に嵐=暴風雨がやってきました。木が倒れたり、停電になったり、家が浸水したりと広範囲に渡って被害が出ました。

私の家は地下があるのですが、うちもやられました。地下室が浸水しました。14日の夕方4時から5時くらいの間に物凄い量の雨が降ったのですが、その時に浸水したようです。実を言うとその日何故か一回も地下に行かなかったので、浸水されていると最初に気づいたのは、仕事から帰ってきた旦那でした。旦那が家に着いたとき、隣の家の人がバケツを持って水を出している姿を見て、「もしや、、、、」と思ったらしく、ガラージと地下室を見てみたら・・・・・


ガーン・・・

12センチくらい地下室が浸水されてた!

早く水を出さないと家がカビてしまうようなので、お隣さんから電動ポンプを借りて夜中ずっと起きる決心をして水を吸い上げていたら・・・

バッチーーン!!!!

と近くで物凄い音がした途端に停電。

「That's it.」

何も出来ないので寝ることに。でもやっぱり不安で眠れなかった・・・

その後3日間くらいは停電してました。

あれから約一週間経ちますが、やっと少し落ち着いてきました。ある地域によってはまだ停電している所もあるとか。そして木が倒れた所は、家に倒れて車を台無しにしたなどと、かなり被害が大きいようです。

でも皮肉なことに通りはさんで向かいの家は停電もせず、地下室浸水もなかったり。

不公平とは思いつつ、お向かいのお家の方々にはお世話になりました。逆に考えると近くのお家が停電してなかったので、いろいろと助けられたのでした。スミマセン・・・

あ~でもクリスマス前のこの忙しいときに・・・

雨がキライになりそう・・・

ぶつぶつ。

う、ぶつぶつ言っていても仕方ない!自分!



思えば先月もいつもなら降らない雪が降ってました。ひょうのような雪で道路を凍らしたため、滑りやすく運転するのが非常に怖かったです。動けない車もいくつかありました。私は無謀なことに急な下り坂を下って一歩間違えれば病院行きなことしてしまいました^^;もちろん大丈夫でしたが。

雪道での運転で気をつけることは、

1.ギアを下げる。

2.ブレーキを使わないように運転する。

3.坂道は避ける。


とはいっても3の坂道は無理です。シアトルは丘なので坂道じゃない道を見つけるほうが難しいのです。またブレーキですが、私は滑りやすい道で急にブレーキをかけようとしたためか、アンタイ・ブレーキ・システム(ABS)が作動して「カンカカカーン」と凄い音してました。おい、車壊すな!

今年はちょっとした異常気象なのかな?

今回のことで自分の無知さを知ったので、今後は万が一のことを考えていろいろと準備しておかないといけないと思いました。
[PR]
by lamerd | 2006-12-23 18:28 | 日々&つぶやき
消費者社会に貢献な時期
もうすぐクリスマス。

この時期になるとウキウキする気分よりも憂鬱になることが多いのに気づいた。

それは、クリスマスプレゼント。
子供たちや親戚、友達などへのプレゼントを買うことを考えるのは楽しいけれど、どれにしようか迷ってフラストレーションが溜まったり、買った後何故か妙に虚しさを感じる。

それってやっぱり消費することへの疑問を感じているからなんだろうなと思う。

街のお店はクリスマス一色、家に送られてくるカタログはクリスマス特集、まるで消費者に「買え、買え」とあおっているように感じてしまう。そんな宣伝には踊らされないぞ、と思っていても結局踊らされている自分に気づく。

まあ、アメリカの経済には貢献しているのだろうけれど。

クリスマスにプレゼントという習慣はいつから出来たのかな。

素朴な疑問。

とはいっても、子供たちにはプレゼントをもらって喜んでほしいし、友人や家族、親戚には感謝の気持ちを込めたプレゼントをあげたいと思う。
[PR]
by lamerd | 2006-12-09 11:44 | 日々&つぶやき