シアトルより日々の気になることを綴る写真日記

招かざる客
日本人が苦手な英語の発音の1つとして、RとLの区別がしずらい、というのを聞きます。昔LiceのようなRice(しらみのようなお米)とか、SelfishなShellfish(自分勝手な貝)とか似たような発音の言葉で遊んだことがあるのですがそんな経験はありませんか(って問いかけてどうする)

さて主題に戻りまして、先週からうちの娘の頭(髪の中)に招かざる客が住み着いています。

そうです。しらみです(鳥肌)

私は大抵の虫は大丈夫なんですが、幼虫や小さくてちょっと複雑な形をしている虫(むかでとか)がダメ(というのも昔手でつぶしたのを見てから恐怖症)なのでぞくぞくの瞬間でした。

でもしらみって日本ではあんまり話きかないと思うのですが、どうなんでしょう。私の小さい頃にも聞いた覚えがないのです。これは単に私の記憶の問題なのか、それとも昔はしらみがあると貧しいという良くないイメージがあって秘密にしていたのでしょうか。

こちら今現在のアメリカでは、しらみが発生することはよくあることなので、そんなに恥ずかしいことではないようです。ただ、学校側は「しらみ発生ご注意」というお知らせの手紙を各生徒に出していました。

因みに、しらみでこんな空耳アワーなひとときもありました。
旦那が旦那の母親に電話したときの会話。

旦那:"She has a head lice."
   (娘の髪にしらみが見つかったんだ)

義母さん:"???"
義母さん:"She has a head light?"
   (え?ヘッドライト?)

義母さん、娘が自分の頭にヘッドライトでもつけて遊んでいたのか?と最初思ったようで、何でそんなことで電話してきたのか不思議に思ったようです。


*  *  *



あ~、でも当分しらみ駆除の日々は続きそうです。しらみ駆除用のシャンプーを娘の髪につけて、毎日2度は頭についているしらみの卵をとっているのですが、これまた本当しらみつぶし状態です。
[PR]
by lamerd | 2008-02-18 07:46 | 日々&つぶやき
<< どこからともなく バレンタインデー >>