シアトルより日々の気になることを綴る写真日記

父の日
日曜日は思えば父の日でした。

お父さん、もうこの世にはいないけれど、父の日おめでとう。
私が7歳のときにこの世を去ってしまったお父さん。
あれから何十年も経つので殆どお父さんのことは思い出せない。
でも楽しかったという思い出だけは残っている。

会社で勤務中に脳出血で倒れたと聞いている。
今で言えば「過労死」だったと思う。
でもあのときは「過労死」という言葉さえなかった。
高度経済成長期の真っ只中、真面目なお父さんは一生懸命
家族のために働き、そして40歳という若さであの世へ行ってしまった。

お父さん、もうこの世にはいないけれど、あなたと過ごした
楽しい思い出は私の心の中にずっと生き続けています。

素敵な思い出を残してくれてありがとう。
[PR]
by lamerd | 2006-06-21 14:34 | 日々&つぶやき
<< メメントな私 アルプスの少女ハイジ >>