シアトルより日々の気になることを綴る写真日記

料理 - 生鮭と塩
c0004217_13235013.jpg
友達に鮭の塩焼きの作り方を教えてもらいました。生鮭(キングサーモン)を買い、前日夜に下ごしらえをしておきました。ペーパータオルの上に鮭を置き、塩をふり冷蔵庫に入れて一晩置いておきました。鮭の上には何にも(ラップなどは)かぶせないほうが良いそうです。かぶせないほうが水分が出て塩が水分を吸収し、水が出てしまった分だけ身が締まっておいしさが増すからです。

鮭を焼くときは、鮭から出る油を利用し普通の油は使いませんでした。因みに焼く場合は油が一番のっているお腹の部分を使うと良いそうです。

味はシンプルでしたが、鮭素材そのものが持つ味が引き出されてかなりおいしかったです。シンプルが一番というのはこのことを言うんだなと思いました。



■塩が決め手

c0004217_13242643.jpg今回は味の素など普段使っている精製塩は使わず、天然塩(海水から作られた塩)を使いました。そのほうが塩(塩化マグネシウム)だけでなく、たくさんのミネラル(カルシウムやカリウム)を含んでいるため単なる塩辛さだけではない、うま味になるようです。

c0004217_132454100.jpg普通の塩と天然塩を比べてみたんですが、色やきめが違うんですね。写真の右のほうが天然塩ですが、白くなくきめは粗目です。
[PR]
by lamerd | 2005-01-02 13:43 | 料理
<< 料理 - サーモンマリネ 日々 - 大晦日 >>